クレストが「AIで有名絵画が動き出すデジタル美術館」のサービス開始

【デジタル美術館】は、ユーザーの動きをタッチセンサーが感知すると指定した映像が投影されるシステムを利用した体験型インタラクティブアートのコンテンツを、収録コンテンツより選択したコンテンツ、PC等機材、設置撤収までを含んだパッケージで提供するサービスです。
パッケージ価格は最低価格¥250,000~と設定しています。
システムの独自開発に成功し、コンテンツのモチーフに著作権の消滅した有名絵画を利用することで低価格でのインタラクティブアートの実施を実現しました。
イベント、アミューズメント施設での実施、空間演出、弊社プロジェクションマッピングサービス【CPMap】との連動など、様々な用途での利用を提案いたします。

■複数の有名絵画を一面に配し、ユーザーが絵画を指定すると、CG処理やAI技術によって動きがつけられた絵画に変化する「デジタル絵画館」

■絵画が全身をつかったタッチゲームになる「アートアトラクション」

■センサーが感知すると絵画上のオブジェクトが指定の形に変化する「インタラクティブアート」

■ページをめくる動作をすると、プロジェクションマッピングされた本が実際にめくられる「アート画集」

ボタン選択でコンテンツの切替も可能なため、複数コンテンツの同時実施も可能です。
また、複数コンテンツで実施の場合には、割引価格にて提供いたします。
上記4コンテンツからサービスを開始しますが、今後もコンテンツは増える予定です。また、ソフトウェア開発会社のため、コンテンツのカスタマイズ、新規開発についても自社内で迅速に対応いたします。

同サービスは、12月3日(水)、4日(木)、5日(金) 全日10:00~17:00に東京ビッグサイト 青海展示棟にて開催されるレジャージャパン2019内第4回ライブ&シアターで実演展示を行います。(ブース番号:3-20) ご興味のある方は、是非、足を運んでくださればと思います。

◆【レジャージャパン2019 第4回ライブ&シアターEXPO】 http://leisure-japan.jp/
会期:12/3(水)~12/5(金) 10:00~17:00  会場:東京ビッグサイト青海展示棟 A棟
ブース番号:3-20

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事