幸楽苑がラーメン業界として日本初となる配膳ロボット「K-1号」の実証実験を開始!

株式会社幸楽苑ホールディングスは、新型コロナウイルス感染症の予防対策や人手不足解消を目的とし、2020年8月27日(木)より本宮店(福島県本宮市)にてAIを活用した非接触型の自動配膳ロボット「K-1号(ケー・イチゴウ)」導入の実証実験を開始します。

■配膳ロボット「K-1号」導入の背景

新型コロナウイルス感染症の対策として、非接触型の配膳を自動化し、店舗スタッフの負担を軽減することでサービス中心の働き方へシフトできることから、配膳ロボットの導入に至りました。ロボットにはセンサーが搭載されており、人や物にぶつからず安全に走行できます。また、音声案内も可能で、エンターテイメント性も兼ね備えております。今後も幸楽苑は、最新のテクノロジーを活用することで、店舗の省人化・デジタル化を目指して参ります。

■幸楽苑本宮店

住所:福島県本宮市本宮万世176番6
営業時間:午前8時~午後9時
    (ラストオーダー:午後8時30分)
電話番号:0243-63-0230
URL:https://stores.kourakuen.co.jp/20351

■配膳ロボット「K-1号」利用の流れ

お客様がテーブルに設置してあるタブレットで料理を注文後、店舗スタッフが注文内容を確認。出来上がった料理をロボットのトレーに乗せ、タッチパネルで移動を指示すると、お客様の席まで料理を運びます。お客様が料理を受け取った後、ロボットの音声案内にしたがい、頭のセンサー部分に手をかざすとロボットは厨房に戻ります。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事