横浜市みなとみらいで近距離モビリティ「WHILL」シェアリングサービスを開始

横浜市による、みなとみらい21地区から都市の価値向上を図ることを目的にした「みなとみらい2050プロジェクト」において、近距離モビリティ「WHILL(ウィル)」を利用した、実装化を目指した長期実証実験が2020年9月3日(木)より開始します。WHILLは目的地までのラストワンマイルの移動ツールとして、みなとみらい21地区での買物・観光・移動など、国内外からのお客様のおもてなしや超高齢化対応に向けたまちづくりなど、移動に伴う社会課題の解決や新たな価値創出を目指してます。

「SDGs未来都市・横浜」

横浜市は「SDGs未来都市・横浜」の実現に向け、多様な主体と連携し、環境・経済・社会的課題の統合的解決を図る取組を進めてます。

その取組の一つとして、みなとみらい21地区から都市の価値向上を図ることを目的に、地区内外の企業・団体等と連携して進める「みなとみらい2050プロジェクト」にて、近距離モビリティ「WHILL」を利用したシェアリングサービスの実証実験を行い、昨年度までにおいて、事業化に向けた課題の抽出等、一定の成果がありました。

この度、更なる認知度の向上、利用者ニーズの調査のため、長期にわたり実証を行い実装化を目指します。本実験により、歩行空間における新たな移動手段としての確立、みなとみらい21地区のまちの魅力を高めるとともに、国内外からのお客様のおもてなしや超高齢化対応に向けたまちづくりなど、移動に伴う社会課題の解決や新たな価値創出につなげていきます。目的地までのラストワンマイルの移動ツールとして、みなとみらい21地区での買物、観光、移動などの際にご利用いただけることが期待されます。

実施概要

・日時:2020年9月3日(木)より開始  11:00~16:00(受付15:30まで)       
※火・水曜日、祝日を除く。また、天候やその他の都合により中止する場合があります。
・料金:無料    
・1回あたりの最大利用時間:3時間
・走行エリア範囲:みなとみらい21地区 ※施設により走行できない箇所があります。
・利用方法:利用当日直接ステーションにて申込み 
※数に限りがあります。
・主催:ヨコハマ未来モビリティショーケース推進協議会・ステーション場所(受付・返却場所):下図のとおり

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事