全国のドコモショップにスマホ用充電器ChargeSPOTを導入!全国約16,000か所のスタンドで返却OK 従来の充電サービスは終了

株式会社NTTドコモは、株式会社INFORICHが提供するスマホ用充電器「ChargeSPOT」を導入し、2020年8月17日から順次、全国のドコモショップにバッテリースタンドを設置します。なお「ChargeSPOT」の導入に際し、これまでドコモショップで提供していた無料充電サービスは終了します。

「ChargeSPOT」は、全国約16,000か所にあるバッテリースタンドからバッテリーのレンタルが可能になるサービスです。専用の公式アプリをダウンロードし会員情報を登録することで、どなたでもご利用になれ、使用したバッテリーは空きがあれば、どのバッテリースタンドにも返却することが可能です。そのため、従来の充電サービスのように、スマートフォンを店舗に預けたり充電完了まで待ったり、といった必要なく外出先の急な充電不足に対応いただけるようになります。
レンタル料金は、最初の1時間まで150円、以降48時間まで300円でご利用いただけます。48時間を超えた場合には、最大7日間(168時間)まで1日(24時間)あたり150円でご利用が可能です※1

ドコモとインフォリッチでは、2019年3月19日(火曜)から2020年7月31日(金曜)まで、ドコモショップ32店舗にて「ChargeSPOT」の実証実験をしておりましたが、お客さまの利便性向上を実現できたため、今回、全国のドコモショップへの導入を決定しました。なお、「ChargeSPOT」の導入に際し、これまでドコモショップで提供していた無料充電サービスは終了いたします。

また、2020年7月9日(木曜)から、「d払い®」のミニアプリ※2として「ChargeSPOT」が対応しているため、「d払い」をご利用のお客さまは、「ChargeSPOT」公式アプリのダウンロードや会員登録、決済手段の設定の必要なく※3、シームレスに「ChargeSPOT」をご利用いただけます。

今後もドコモは、更なるお客さまの利便性向上に努めてまいります。

  1. レンタル開始後168時間を超えた場合、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)がかかります。
    記載の価格は全て税抜価格です。
  2. 「ミニアプリ」は「d払い」アプリ内でd払い加盟店のサービス利用から決済までを行える予約・注文サービスです。
  3. d払いのアプリダウンロードおよび会員登録(無料)は必要です。

「ChargeSPOT」の概要

インフォリッチが提供するスマートフォン用充電器「ChargeSPOT」を、2020年8月17日(月曜)より全国のドコモショップに順次導入します。

1. 「ChargeSPOT」サービス概要

「ChargeSPOT」は、専用のアプリでバッテリースタンドのQRをスキャンすることで、どなたでもモバイルバッテリーをレンタルいただけるサービスです。バッテリースタンドは、2020年6月30日現在、国内外の約16,000カ所に設置されています。
外出先でスマートフォンの充電が足りなくなった場合に、近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができます。
「ChargeSPOT」は、「d払い」ミニアプリに対応しており、「ChargeSPOT」公式アプリのダウンロードや会員登録、決済手段の設定の必要なく、「ChargeSPOT」サービスをご利用になれます。
また災害時にモバイルバッテリーを2日間無償で貸し出す機能も備えており、災害時のスマホ充電支援にも貢献できると考えております。

2. 「ChargeSPOT」ご利用方法

「ChargeSPOT」ご利用方法
  1. アプリをダウンロードし、アカウント登録をします。
  2. アプリでバッテリースタンドの場所を検索し、ご利用になるバッテリースタンドへ向かいます。
  3. バッテリースタンドに表示されているQRを読み取ります。バッテリースタンドのスロットからモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続し充電開始。
  4. 返却の際は、最寄りのバッテリースタンドを検索し、空きスロットにモバイルバッテリーを差し込み、利用時間が表示されたら返却完了。

サービス説明動画:https://youtu.be/maYh4oCqVUU

3. 「ChargeSPOT」ご利用料金

~1時間未満150円
1時間~48時間未満300円
48時間~最大7日間※1150円/日

4. バッテリーの仕様

容量5,000mAh
対応規格ライトニングケーブル、マイクロUSB、USB タイプ C

5. お支払い方法

  • 各種クレジットカード
  • スマホ決済サービス(d払い)

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事