Square Readerが主要電子マネー「Suica」「iD」「QUICPay+」に対応!かざして支払う手のひらサイズの決済端末

Square株式会社は、本日、コンパクトでシンプルなデザインの決済端末「Square Reader」が、主要な電子マネーでの支払いにも対応したことを発表します。Squareをご利用の事業者は、クレジットカード(タッチ決済含む)での支払いに加え、「Suica」などの交通系電子マネーと、「iD」「QUICPay+」の電子マネー決済での支払いを、有効化手続きから最短2日で受け付けることができるようになります。

新型コロナウイルス感染症の流行で、現金のやり取りや決済端末などに触れることなく、スマートフォンやカードをかざすだけで決済ができるApple Payや Google Pay、非接触ICを搭載した各カードブランドのタッチ決済(コンタクトレス決済)の利用が増えています。Square Readerは、NFC Type A/BとFelicaに対応しているため、事業者は、コンパクトなSquare Readerがひとつあれば、現在日本で主流となっている交通系電子マネーに代表される電子マネーの支払いにも、今後日本でも普及が見込まれるタッチ決済にも、また日本で発行されているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードそしてSuicaを設定したApple PayやGoogle Payにも対応できます。

今回対応する電子マネーのうち、特に交通系電子マネーは数あるキャッシュレス決済の中でも最もスピーディで手軽にお支払いをすることができ、その利用者数は毎年右肩上がりで伸びています。現在、エキナカ・マチナカの店舗を中心に、全国約100万の店舗でご利用いただけますが、Squareの加盟店が加わることによって、交通系電子マネーを支払いに使える場所が大幅に増える見込みです。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事