決済

Square Readerが主要電子マネー「Suica」「iD」「QUICPay+」に対応!かざして支払う手のひらサイズの決済端末

Square株式会社は、本日、コンパクトでシンプルなデザインの決済端末「Square Reader」が、主要な電子マネーでの支払いにも対応したことを発表します。Squareをご利用の事業者は、クレジットカード(タッチ決済含む)での支払いに加え、「Suica」などの交通系電子マネーと、「iD」「QUICPay+」の電子マネー決済での支払いを、有効化手続きから最短2日で受け付けることができるようになります。

新型コロナウイルス感染症の流行で、現金のやり取りや決済端末などに触れることなく、スマートフォンやカードをかざすだけで決済ができるApple Payや Google Pay、非接触ICを搭載した各カードブランドのタッチ決済(コンタクトレス決済)の利用が増えています。Square Readerは、NFC Type A/BとFelicaに対応しているため、事業者は、コンパクトなSquare Readerがひとつあれば、現在日本で主流となっている交通系電子マネーに代表される電子マネーの支払いにも、今後日本でも普及が見込まれるタッチ決済にも、また日本で発行されているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードそしてSuicaを設定したApple PayやGoogle Payにも対応できます。

今回対応する電子マネーのうち、特に交通系電子マネーは数あるキャッシュレス決済の中でも最もスピーディで手軽にお支払いをすることができ、その利用者数は毎年右肩上がりで伸びています。現在、エキナカ・マチナカの店舗を中心に、全国約100万の店舗でご利用いただけますが、Squareの加盟店が加わることによって、交通系電子マネーを支払いに使える場所が大幅に増える見込みです。

-決済

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.