2020年春 いよいよモバイルPASMO提供開始へ!(Android版のみ)

PASMO協議会は本日(1月22日)に、モバイルPASMOを2020年春からAndroid版の提供を開始すると発表しました。

モバイルPASMOで出来る事

場所を選ばずクレカでのチャージや定期券の購入が
可能になります。

故障や紛失時も窓口等に行かずに再発行手続きが可能です。

カード型PASMOと同じように電車やバスの交通利用に加えて電子マネーでショッピングが可能です。

対応機種

〇Androiスマートフォン(購入時にAndroid6.0以上がインストールされたおサイフケータイ対応端末)

今回発表があったのはAndroid版のみで、iPhone(iOS)版に関しては言及がありません。その他の機能やサービス開始日、サービスの詳細、対応機種等については2020年3月初旬に発表するとの事です。

モバイルPASMO定期券発売予定事業者

通勤・通学にJRではなく私鉄を利用する人なら誰もが気になるモバイルPASMO定期券。その対応事業者が同時に発表となりました。

鉄道

  • 小田急電鉄株式会社
  • 京王電鉄株式会社
  • 京成電鉄株式会社
  • 京浜急行電鉄株式会社
  • 埼玉高速鉄道株式会社
  • 相模鉄道株式会社
  • 首都圏新都市鉄道株式会社
  • 新京成電鉄株式会社
  • 西武鉄道株式会社
  • 千葉都市モノレール株式会社
  • 東急電鉄株式会社
  • 東京地下鉄株式会社
  • 東京都交通局
  • 東武鉄道株式会社
  • 北総鉄道株式会社
  • 株式会社ゆりかもめ
  • 横浜高速鉄道株式会社
  • 横浜市交通局
  • 株式会社横浜シーサイドライン

バス

  • 小田急バス株式会社
  • 株式会社江ノ電バス
  • 川崎市交通局
  • 川崎鶴見臨港バス株式会社
  • 関東バス株式会社
  • 京王電鉄バス株式会社
  • 京成バス株式会社
  • 西武バス株式会社
  • 相鉄バス株式会社
  • 立川バス株式会社
  • 東急バス株式会社
  • 東京都交通局
  • 西東京バス株式会社
  • 日立自動車交通株式会社
  • 横浜市交通局

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事