モスバーガーがwith コロナ時代にも対応した新しいリモートレジ 分身ロボット を活用した「ゆっくりレジ」を実験導入

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、株式会社オリィ研究所と協力し、分身ロボット「OriHime」※1(オリヒメ)を活用した「ゆっくりレジ」を実験導入
します。実験は 2020 年 7 月 27 日(月)~8 月下旬までの約 1 か月間の平日、モスバーガー大崎店にて行います。

「OriHime」とは

は、全長約 23cm の分身ロボットで、子育てや介護、身体障がいなどの社会的ハンディキャップにより外出困難な人の分身として、遠隔地であってもあたたかみのあるコミュニ
ケーションを可能にします。また、オリィ研究所は「あらゆる人たちに、社会参加、仲間たちと働く自由を。」というビジョンのもと、外出困難な人々の社会参画を目的にサービスを展開しています。


今回の実験では、モスバーガー大崎店の店頭に時間限定(平日 14:00~18:00)で「OriHime」を1 台設置し、会話を楽しみながらじっくり商品を選びたい方に向けた「ゆっくりレジ」を稼働させます。パイロット※2 はお客さまと会話しながら注文の受付を担当し、決済は有人レジにて行います。今後、システムを改良することで、OriHime を通じて注文から決済までを行えるよう機能を拡張する予定です。
※2 パイロット:OriHime を分身としてリモートで会話や動作を行う人のことです。


昨今の新型コロナウイルス感染症によるソーシャルディスタンスなど、社会環境の変化に即した対応が外食業界にも強く求められています。当社では、今回の「ゆっくりレジ」の成果をもとに、ドライブスルー注文への応用や、自走式ロボットによる配膳業務などを検討していく計画です。これらについても、2020 年度内の実験開始を視野に入れてまいります。
実験期間のパイロットは、関西にお住いの障がいのある方 2 名にご担当いただく予定です。OriHime のそばにパイロットのプロフィールを紹介する案内掲示を設置することで、お客さまとパイロットのスムーズな会話を促します。

<実験概要>
■内 容 :分身ロボット「OriHime」を活用した「ゆっくりレジ」の実証実験
■期 間 :2020 年 7 月 27 日(月)~8 月下旬までの約 1 か月間
*システムメンテナンスなどのため、開催期間内でも「ゆっくりレジ」を設置しない場合が
ございます。
■時 間 :平日 14:00~18:00
■店 舗 :モスバーガー大崎店 (東京都品川区大崎 2-1-1 ThinkPark Tower 2F)
■協 力 :株式会社オリィ研究所(https://orylab.com/)
■OriHime : リモートワーク、テレワークに最適化されたコミュニケーションロボット
高さ:23 ㎝×幅:約 17 ㎝(腕を畳んだ状態)×奥行:約 11 ㎝、重量:660g

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事