ANAと三井不動産がアバター都市を日本橋エリアで展開

ANAホールディングスと三井不動産は、日本橋エリアにおけるアバターの都市実装共同事業を本年12月より開始します。

avatar-in(アバターイン)とは

オフィシャルサイトより

ANAHDが推進するアバターの社会インフラ化を、オフィス・商業・住宅・MICEなど様々な都市機能が集積する日本橋エリアにおける多様なユースケースの創出を通じて加速するもので、2020年内を目処に、日本橋エリアにおいてアバター100体の投入を目指してます。

導入事例

  • ショッピング
    第一号プロジェクトとして2019年12月から日本橋エリアで「newme」での、 遠隔地にいて日本橋まで足を運べない時や、家から出られない時などでも、アバターを通じた接客によるショッピングが可能になりそのお店を期間限定オープンします。
  • オフィス・カンファレンス
    ビジネスシーンではアバターを使った遠隔地とのコミュニケーションやカンファレンスの参加などの活用を推進します。講演者が遠隔地から参加したり、参加者は日本橋に足を運ばなくとも見に行く事が可能になります。
  • エンターテインメント
    都市で展開される様々なエンターテインメントにおいて、アバターを導入していきます。本年12月より都内複数箇所におけるプロジェクションマッピングを、日本橋エリアからアバターを操作して楽しむ体験の実証を経て、2020年1月より日本橋で開催予定の五感で楽しむ花の体感型アート展「FLOWERS BY NAKED 2020-桜-」では、パソコンからアバターを通じた来場が可能になります。
  • 教育・コミュニティ創出
    日本橋のオフィスワーカーや居住者など地域の人々がコミュニティ活動を行う多目的スペース「Flatto」で、2020年3月よりアバターを稼働し、地域の子供への教育プログラムの講師がアバターを使って遠隔地から参加したり、その場にいないビジネスパーソンがビジネスサークルに参加したりといった利用を促進します。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事