BiiLabsとYallvendがスマート自動販売機にブロックチェーンベースの認証システムを搭載し自販売機で年齢制限付き商品を販売可能

BaaS(Blockchain-as-a-Service)を提供するBiiLabsは、スマート自動販売機の開発を手がけるYallvendと、スマート自販機のモバイル決済システムに、非中央集権型のデジタルIDであるDIDs(Decentralized Identifiers)が組み込まれ、これにより安全で信頼性の高いID認証が可能となり、年齢制限付き商品の販売が自販機で可能となります。

Duncan Huang, CEO at Yallvend (左) and Lman Chu, CEO and Co-founder of BiiLabs (右).

自動販売機革命

現在、ドイツや日本の自動販売機ではアルコール・タバコの販売がなされており、それらを購入する際に、運転免許証・国民IDカード・パスポートといった物理的な身分証明証の読み取りが必要です。しかし、このような無人販売モデルをベースとした仕組みでは、購入者と提示された身分証とを正確に検証するのは困難であり、安全上の問題へと発展する可能性がありました。

また、日本におけるアルコール自動販売機の数は、1996年の180,000台から2018年の3,000台に急減しています。コストの問題から、現在ではほとんどの自動販売機が年齢確認機能を有しておらず、その他各国では法規制が不十分であったため、ID認証システム付き自動販売機が世界的に広がる事はありませんでした。

Yallvendは独自のモバイル決済システムを用いて、これら従来の自動販売機に革新をもたらします。さらに、BiiLabsの開発するID認証システムを統合する事で、ユーザーは商品購買時に自分のスマートフォンを用いた本人認証が可能になります。DIDsシステム上では、各ユーザーの署名付きシリアル番号が生成され、決済確定前にタイムスタンプ付き領収書を生成し、改ざん不可能なID・日時・位置情報データを自動販売機に送信します。これらの機能は、従来の自動販売機の既存システムを再設計する事なく導入する事が可能です。

BiiLabsについて
BiiLabsはIoEの時代の到来を見据え、スマートシティ・エネルギー管理・Masked Authenticated Message等における課題に対し、分散型台帳技術を開発しています。私たちの根幹技術は、あらゆる産業のデジタル化をサポートし、顧客が抱える信頼性・セキュリティ・ 成長性・効率性にかかる課題を解決します。BiiLabsは来たるIoE時代を、分散型台帳技術で牽引していきます。

Yallvendについて
Yallvendは、自動販売機やコイン交換機等、様々な無人販売機システムを開発しています。R&Dチームは、この専門的な分野において10年以上のシステム開発経験を持つメンバーによって構成されています。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事