住居

大和ハウスがIoTを活用したスマートハウスの実証実験として藤沢にコンセプトハウス「セキュレアシティ藤沢 翼の丘」内にオープン!

2020年6月3日

 大和ハウス工業株式会社は、コネクテッドホームブランド「Daiwa Connect(ダイワコネクト)」の提案として、戸建住宅のIoT化に向け、コンセプトモデルの展示と実証実験を目的とした「コンセプトハウス」を、戸建分譲住宅地「セキュレアシティ藤沢 翼の丘」(神奈川県藤沢市)内において、2020年6月6日よりオープンします。

 「コンセプトハウス」では

「家で『仕事や教育、買い物など多岐に渡ること』をしなければならない」という生活変化に合わせて、IoTを活用することで、距離や時間の課題を解決するサービスのモックアップ展示を行います。また壁面の一部には、プロジェクター2台を使用した大画面とインターネットを通じて、人との繋がりをつくるIoT空間「(仮称)α-rium(アルファリウム)」と、住まいの状態や家族間の情報を共有するコミュニケーションIoTディスプレイ「(仮称)α-board(アルファボード)」の試作を展示します。「家族」「建物」「情報」を統合することで、将来的に「くらし」の最適化を図ることができるかどうかの実証実験を行います。

■3つのコンセプト

【家族の健康】

家族のヘルスケアデータ(体温、体重、血圧、睡眠状態)を日々蓄積し、そのデータに変化があった際に通知します。また、将来的にはホームドクター(掛かりつけ医)にデータを提供し、遠隔診療や健康のアドバイスを受けられる仕組みづくりを目指しています。

【建物の健康】

 「建物の健康」は、「災害や被害に備える安全・安心」と「日常のメンテナンス」の2つの側面から検討しますが、「コンセプトハウス」では、「災害や被害に備える安全・安心」をコンセプトにしました。自然災害の増加が「くらし」にとって重大な懸念となっている中、災害が予想されると、避難情報や今すべき行動を通知します。また災害時には、家庭用リチウムイオン蓄電池やエネファームが自動的に蓄電・貯湯、シャッターも自動で閉められるなど、建物自らが建物だけでなく、ご入居者を守る機能の搭載を目指します。

【コミュニケーション】

家庭内のコミュニケーションだけでなく、離れた場所にいる親戚や友人とも円滑なコミュニケーションがとれるよう、テレビ電話や大型プロジェクターなどデジタルコミュニケーションツールを搭載します。  お互い離れた場所にいても、誕生日会等のイベントも開催できます。

設置される主要なIoT関連機器

機器名称説明体験可否
(仮称)α-rium縦200cm×横250cmを2面に設置した巨大プロジェクター。大画面を活かしたシアター機能に加え、通信機能を備える。「その場にいるような」コミュニケーションが可能。テレワークや遠隔医療、遠隔学習など、将来当社が実現を目指す新しい暮らし方を提案。動画でデモ
(仮称)α-boardダイニングに設置した、大画面タッチパネル。IoT機器や電力の使用状況表示、制御インターフェースとして利用できるだけではなく、今後は住宅設備情報とも繋がる予定。あわせて、カレンダーやホワイトボード機能も備えているため、家族で大画面を見ながら予定を立てられるなど、家族間のコミュニケーションの活性化を目指す。体験可
IoTミラーモーションセンサーで健康状態を把握し情報を表示。他にも、電車の運行情報や家族のスケジュールなども、一目で確認でききる。デモ画面表示
コミュニケーションロボット「temi」AIアシスタント機能を持った自律走行するパーソナルロボット。どこからでも、スマートフォン等で宅内の様子の確認や「自らがあたかもそこにいるような」コミュニケーションが可能。体験可
ドアフォン・電気錠スマートフォンと連動し、外部に居ながら操作が可能。「temi」との組み合わせで、不在時の来客対応も可能。体験可
ホームエネルギーマネージメントシステム「D-HEMS 4(ディー・ヘムス・フォー)」住宅の発電・売電・電力使用状況がモニターのトップ画面で確認可能。エアコンや照明、シャッターなどの機器をLINEで遠隔操作でき、「おはよう」や「ただいま」のシーンで音声操作も可能。気象情報や避難情報、インフラ情報も、災害時と警報発令前に防災準備を促す。体験可
血流認証式電気錠指の血流パターンを認識させることで、個人を認証し、登録した人だけが玄関扉の電気錠を開錠できる。偽造することは不可能で、鍵のように紛失する恐れが無い。また、インターネットに接続することにより、認証した血流から「誰が帰ってきたか」を判断。指定した連絡先へショートメッセージサービスで通知することが可能。体験可

【ご参考情報】

■神奈川県公募の「人と建物の健康をサポートするIoTスマートホーム実証」で採択され、検証した結果について  2019年8 月に採択された神奈川県最先端ロボットプロジェクト「人と建物の健康をサポートするIoTスマートホーム実証」において、技術とサービスの両面から、実用化に向けた検証を実施しました。
1.モニター家庭での技術検証結果 藤沢市周辺にお住まいの家庭を10件募集し、開発したIoTプラットフォームの検証を3か月間実施しました。  株式会社NTTドコモが開発した 「IoTアクセス制御エンジン」を搭載した宅内コントローラーを活用し、機器の設定や遠隔保守がスムーズに行えることを確認しました。
2.モデルハウスを活用したサービス検証結果 スマートエントランスやスマートリビングなど、IoT機器を活用した生活サービスを試作しました。 また、一般 家庭の方や有識者を招き、デモンストレーションを交え、意見交換を行いました。生活情報や家電コントロール機能をまとめたデジタルコルクボードの提案など、日々のちょっとした困りごとを解決できる生活密着型のサービスが好評でした。 

-住居
-,

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.