リトアニア中央銀行の世界初ブロックチェーンベースの中央銀行デジタル通貨(CBDC)「LBCOIN」とそのeショップが最終テスト段階へ!2020年7月迄に発行予定

リトアニア中央銀行によって提供される世界初のブロックチェーンベースの中央銀行デジタル通貨CBDCである「LBCOIN」とそのeショップが最終テスト段階に入りました。デジタルコインは、正常に完了すると、2020年7月までに発行されます。

LBCOINは革新的で洗練されたソリューション

個人データの保護、サイバーリスクへの耐性など、さまざまな角度からテストする必要があります。この最終フェーズでは、リトアニア銀行は確かに非常に貴重な経験と洞察を得たとリトアニア銀行のLBCOINプロジェクトのマネージャーであるPavelLipnevičは述べています。

中央銀行はすでにeショップのユーザー受け入れテスト(UAT)を完了しています。特に、Know-Your-Customer(KYC)や支払いコレクションなど、サードパーティが提供するサービスをカバーしていました。eショップとプライベートNEMブロックチェーンベースのソフトウェアも監査されました。また、個人情報保護に関する評価も開始​​しています。最後に、リトアニア銀行は、必要な侵入テストを実行してシステムのセキュリティをテストします。テストは現在、内部および外部の専門家チームによって実行されています。

LBCOINのロードマップ

LBCOINは、1918年2月16日の独立法とその20の署名者に捧げられています。リトアニア銀行では、24,000のブロックチェーンベースのデジタルトークンと4,000の物理的な銀のコレクターコインの発行を計画しています。デジタルコインを購入すると、コレクターは6つのデジタルトークンを受け取り、LBCOIN eショップの専用ウォレットに保管できます。それらは、贈り物として使用したり、他のコレクターと交換したり、公共のNEMウォレットに転送したり、後で物理的な銀貨を交換したりするために使用することもできます。 各トークンには、20の署名者の1つがあり、職業に応じて6つのカテゴリに分類され、各グループに4,000トークンが割り当てられます。デジタルコインを購入すると、コレクターはランダムに選択された6つのデジタルトークンを受け取り、6つのカテゴリのそれぞれからトークンを収集した場合にのみ、他の方法では販売できない物理的なシルバーコインを引き換えることができます。 デジタルコレクターコインの発行は、革新とフィンテックの分野におけるリトアニア銀行の戦略的方向性の1つを実行するためのさらにもう1つのステップです。これは、リトアニアおよび国際的な企業が知識を獲得し、ブロックチェーン指向の研究を実行できるように支援することを目的としており、金融セクターでブロックチェーンベースのサービスを適応させ、テストします。

リトアニア中央銀行

https://www.lb.lt/en/news/development-of-the-bank-of-lithuania-s-digital-collector-coin-has-entered-its-final-phase

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事