アプリをつくってお客様を常連さんにしよう。開発不要!スマホ1つでアプリを作成・公開できるアプリ運営プラットフォーム「NappyTown」リリース

(株)NappsTechnologiesは、スマホ1つでコード要らずでアプリの作成・配信ができるプラットフォーム「NappyTown」を、2020年6月8日にリリースしました。

●NappyTownを使うと
オンラインとオフラインが融合する時代に不可欠な、常連さんをお客様へと進化させる店舗アプリをエンジニアによる開発作業不要、スマホ1つで作成できます。

●  Nappy Town(ナッピータウン)で使える機能
1.スマホだけでノーコードでアプリを開発・公開できます
100種類を超えるパーツを組み合わせてスマホだけでアプリを作成、NappyTown内を使って公開できます。

2.お客様の顔が見える「常連一覧」
NappyTownを使うとこれまでのウェブでは顔の見えなかった、お客様を顔の見える形で確認し、チャットを使ってコミュニケーション行うことで、常連様へと進化させれます。また、スタンプカードを使ってオフライン店舗で来店されたお客様の顔も見えるようになります。

3. オンライン接客機能

「オンライン接客機能」を使うとお客様とチャットで相談して決済まで行うことができます。オーダーメイド商品や、時価で価格が決まり商品登録が煩雑な商品のオンライン販売、家屋の修理など見積もりが必要な商品をオンラインで販売できるようになります。今後は音声、ビデオによるコミュニケーション機能も予定しています。

その他、プッシュ配信、オンラインショッピング機能を搭載しています。


●  リリースキャンペーン
7月31日までに店舗を作成していただいた方には、通常の3000円のうさぎプランを6ヶ月間無料で提供いたします。

NappsTechnologiesでは、誰でもアプリを使ってビジネスができる、アプリの民主化に今後も取り組んでいきます

●アプリ概要
https://apps.apple.com/us/app/nappy-town/id1495929159?l=ja&ls=1

プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000056856.html

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事