「スーパーシティ」構想が一歩前進!改正国家戦略特区法が本日成立。

AI・自動運転・ドローン・キャッシュレスなど最先端技術を活用しストレスフリーの住民サービスを享受できる「スーパーシティ」構想を整備するための「改正国家戦略特区法」が27日に参議院本会議で可決され成立しました。

スーパーシティ構想とは

スーパーシティの基本的なコンセプトは、これまでの自動走行や再生可能エネルギーなど、個別分野限定の実証実験的な取組ではなく、例えば決済の完全キャッシュレス化、行政手続のワンスオンリー化、遠隔教育や遠隔医療、自動走行の域内フル活用など、幅広く生活全般をカバーする取組である事と、一時的な実証実験ではなくて、2030年頃に実現され得る「ありたき未来」の生活の先行実現に向けて、暮らしと社会に実装する取組である事、さらに供給者や技術者目線ではなくて、住民の目線でより良い暮らしの実現を図るものであることという、この3要素を合わせ持ったものであると定義しており、これを「まるごと未来都市」と呼んでいます。

この「まるごと未来都市」の実現を支えるのが、大胆な規制改革です。遠隔教育、遠隔医療、電子通貨システムなど、AIやビッグデータを効果的に活用した先進的サービスを実現しようとすると、どうしても、各分野の規制改革を、同時一体的に進めなければなりません。

この「まるごと未来都市」の実現を支えるのが、大胆な規制改革です。遠隔教育、遠隔医療、電子通貨システムなど、AIやビッグデータを効果的に活用した先進的サービスを実現しようとすると、どうしても、各分野の規制改革を、同時一体的に進めなければなりません。そういう意味では、スーパーシティは、「まるごと規制改革都市」とも言えるかもしれません。

今夏から自治体選定開始

「スーパーシティ」の改正案は、去年の通常国会で廃案となりましたが、今国会で提出され27日の参議院本会議で審議が行われました。今夏から対象の自治体の選定を開始し、今秋以降に全国約5ケ所を指定する予定です。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事