空間

VRゴーグルで楽しむ「仮想世界ambr」のオープンアクセス(β)が5月25日(月)からスタート!

2020年5月15日

株式会社ambrは、2020年5月25日(月)にVRゴーグルで楽しむ「仮想世界ambr」のオープンアクセス(β)を開始を発表しました。

仮想世界ambrとは

ambrは誰もが好きなアバターになって集まり、自由にコミュニケーションを楽しむことができる新しい仮想世界です。気になるルームに参加したり、自分でルームを開いたりして、友達や全く知らない人、コミュニティと繋がる事ができ、VRデバイスを通じて、自宅から無料でアクセスすることができます。

好きな姿で

ambrの世界では誰もが好きな姿で過ごすことができ、手に入れることができるアバターの他にもオリジナルなアバターをambrにアップロードが可能です。また他のクリエイターがつくったアバターを利用することもできます。

※ambr内でオリジナルアバターを利用するためには、3DキャラクタープラットフォームVRoid Hubとのアカウント連携が必要です。

自分専用のルームを

ambrでは、誰もが簡単に仮想世界に自分のルームをひらくことが可能で、例えばバーチャルバーを開いてVR飲み会を楽しむ事もできます。バーチャルドリンクやバーチャルトイなどの様々なバーチャルアイテムも使ってみてください。また、ambrには、VTuberやVRゲーム、現実世界にある施設とコラボレーションした様々な空間が登場予定との事です。

対応デバイス

現在対応しているデバイスは下記の通りで、

  • Oculus Go
  • Oculus Rift/Rift S
  • ​HTC VIVE

その他の主要VRデバイスも対応を進めているとの事です。またambrアプリは、Oculus Goストア・Steamストアから無料でダウンロードできます。

-空間
-

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.