交通

首都圏初!国際興業・西鉄エムテック・YE DIGITALが埼玉大学バス停で「スマートバス停」の実証実験

2019年11月27日

国際興業は、西鉄エムテックとYE DIGITALが共同開発したIoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を導入し、2019年12月2日から2020年11月30日まで、埼玉県さいたま市内の「埼玉大学」 バス停(志木駅方向)にて実証実験を行います。

mass.blueより

スマートバス停とは

デジタルサイネージや電子ペーパーに、バスの運行時刻表はもちろん、 その他の告知文や広告などをリアルタイムに表示できるバス停のことで、特定の曜日や時間帯の時刻を大きく、わかりやすく表示できるなど、利便性向上にも寄与する機能を備えてます。また遠隔で操作できる事から時刻表等の貼り替え作業が不要となるため、働き方改革やペーパーレスの推進にも効果が期待されます。

国際興業スマートバス停実証実験について

【対象バス停】埼玉大学(志木駅方向)

【実 施 期 間】2019年12月2日から2020年11月30日まで

【機 能】 ①時刻表の拡大表示 ・当該曜日・時間帯の時刻表を拡大表示 ②お知らせ文の表示 ・特別ダイヤのお知らせなど、時期に応じた情報を配信 ③路線図の表示

-交通
-

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.