ソフトウェア 空間 遠隔

NVIDIAがCloudXR 1.0 ソフトウェア開発キットを発表。VRのコードを削減しARの基準を引き上げます!

米NVIDIAが2020年5月14日のNVIDIA CloudXR 1.0ソフトウェア開発キットの発表しました。これにより拡張現実、複合現実、および仮想現実コンテンツ(総称してXRと呼ばれます)を5G、Wi-Fi、およびその他の高性能ネットワーク上でストリーミングすることに大きな進歩をもたらします。

Window to an XR World

アーキテクチャから小売まで、NVIDIA CloudXRは5Gネットワ​​ークが世界中に展開されるにつれて、多くの業界にイノベーションをもたらしています。GPU搭載のエッジサーバーからXRエクスペリエンスをストリーミングすることで、企業はモバイルアクセスをグラフィックスを多用するアプリケーションやコンテンツに拡大し、リモートクライアントで楽しむことができる没入型で応答性の高いXRエクスペリエンスを実現できます。

NVIDIA CloudXR SDKは、テレコミュニケーションプラットフォーム、エンタープライズデータセンター、コンシューマプラットフォーム、次世代ディスプレイデバイス向けに作成され、グラフィックスに富んだXRコンテンツを提供します。

SDKは、3つのコアコンポーネントにパッケージ化された強力なツールとAPIで構成されています。

  1. CloudXRサーバードライバー:サーバー側のバイナリとライブラリ
  2. CloudXRクライアントアプリ:オペレーティングシステム固有のサンプルアプリケーション
  3. CloudXRクライアントSDK:OS固有のバイナリとライブラリ

CloudXRはNVIDIA RTXサーバーとシームレスに適合し、最も豊かな没入型エクスペリエンスを提供します。NVIDIAQuadro Virtual Workstationは、ユーザーが需要に応じて拡張できるようにする柔軟性を提供します。

NVIDIAパートナーがモバイルXRを世界に提供

NVIDIAは、EricssonおよびQualcomm Technologiesと協力して、独自の5G VRソリューションを市場に投入してます。Qualcomm Technologiesの最新のリファレンスデザインHMDは、すべてのデバイス上の処理ワークロードを駆動する世界初の5G対応XRデバイスであるQualcomm Snapdragon XR2プラットフォームを搭載しています。エリクソンの高性能5Gネットワ​​ークは、高速、低遅延、信頼性の高いワイヤレス接続を提供することにより、HMDをエッジに接続します。

NVIDIA RTXグラフィックスをCloudXRおよびGPU仮想化と組み合わせることで、クアルコムテクノロジーズのBoundless XRクライアント最適化とエリクソンのネットワークは、5Gを介して無限のXRを提供する比類のない能力を生み出しました。バンドルについて詳しくは、現在入手可能です

-ソフトウェア, 空間, 遠隔

Copyright© fvpress.news , 2022 All Rights Reserved.