ゲオがバーチャルプリペイド「GEO PAY」を2020年秋以降開始!ゲオHDグループ店舗やJCBのSmart Code加盟店で利用可能

株式会社ゲオホールディングスのグループ会社である株式会社ゲオペイメントサービスは、大日本印刷株式会社と、株式会社ジェーシービーは、ゲオペイメントのバーチャルプリペイド「ゲオペイ」のサービス開始に向けて、基本合意契約を締結しました。

ゲオペイとは

前払いチャージ方式のバーチャルプリペイドで「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム」サービスと、JCBのQR・バーコード決済スキーム「Smart Code」を採用します。レンタルやゲーム買取販売「ゲオ」、総合リユース「セ力ンドストリー卜」など国内1,900店舗を超える店舗を展開し、約2,000万人の会員に利用され、店舗およびオンライン決済の利便性とサービスの向上を目的に「ゲオペイ」を2020年秋以降に開始する予定です。

サービス概要


・カード名称       : ゲオペイ(仮称)
・発行会社          : 株式会社ゲオペイメントサービス
・国際ブランド    : JCB
・発行対象          : 原則として中学生以上
                          (未成年については保護者同意の上、利用限度額を抑制して運用)
・年会費         : 無料
・ポイント制度    : 有(詳細はサービス開始時に公表)
・支払方法          : 前払いチャージ方式(※個人情報登録の有無ならびに未成年/成年
                            の区分によって利用限度額を設定、詳細はサービス開始時に公表)
・利用方法          : 各アプリストアからゲオペイ(仮称)アプリをスマートフォン上に
                            ダウンロードして利用
・決済利用方法    : スマートフォン上にバーコード/QRコードを表示して店頭で提示。
                            オンラインショッピングでは、カード番号、セキュリティコード
                            および3Dセキュアを採用した認証によって決済
・その他サービス : 個人情報登録をした会員間でバリュー金額のトランスファー(移行)
                            が可能

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事