これから広がるMaaSを解説!

MaaSとは

「Mobility as a Service」の略称で、日本語でそのまま訳すと「サービスとしてのモビリティ(移動性)」という意味になります。

定義は現在の時点では確固たるものがあるわけではありませんが、日本では情報通信技術を利用して交通そのものをクラウド化し、自家用車以外の全ての交通手段による移動を1つのサービスとして捉える概念という意味合いで紹介されています。情報通信技術が発達した2010年代に提唱されるようになった新しい移動の概念を示す言葉で、ヨーロッパを中心に世界各国で取り組みが進められている最中です。

ある目的地までマイカー以外の手段で移動するとき、現代社会では交通手段別に行き方を調べて、交通機関の運営企業それぞれに運賃の支払いを行うのが一般的です。

これに対してMaaSが発達した社会では、スマートフォンやタブレットにインストールされたアプリを用いて専用のクラウドサービスにアクセスすることで、目的地を指定して利用可能な交通機関とルートを表示させるだけでなく、実際に交通機関の利用を行った後の運賃決済まで行うことができるようになります。利用者がよりスムーズに目的地まで移動できるようになることで、都市部では道路の渋滞や鉄道の混雑の解消につながることが、都市部以外では自動運転技術と組み合わせることで選択可能な交通手段が限られている地域での利便性の向上が期待されています。

中には、普及がすすむことで個人がマイカーを所有する必要がなくなり、自動車の購入費用や維持費用のことを考えずに済むようになるほか、二酸化炭素の排出量の減少につながる可能性があると指摘する識者も居ます。 MaaSの取り組みは複数の業界を横断するものであり、普及させるためには交通機関の運営会社やIT企業などが必要なデータを持ち合って協業することは不可欠です。

特に、自動車業界や鉄道業界をはじめとする消費者に交通手段を提供する業種と、サービスを運用するシステムの開発を行うIT業界は大きな影響を受けるといわれています。既に自動車分野ではMaaSの広がりによって大きな変革期を迎えており、今後の状況次第では自動車業界編につながる可能性があります。危機感を持っている企業も少なくなく、2018年に日本の大手自動車メーカーと大手ITサービス企業が、共同出資でモビリティサービスの構築を目指す合弁会社を設立したのもそのあらわれといえるでしょう。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事