Microsoftが さらに高解像度になったタッチスクリーン・64%性能が向上した新型「Surface Go 2」を発表、5月12日より販売開始

Microsoftが さらに高解像度になったタッチスクリーン・64%性能が向上した新型「Surface Go 2」を発表し、5月12日より販売開始すると発表しました。

従来の良さをそのままに

CPUは第8世代Core mをオプションとして選択でき、前モデルに比べて64%性能が強化されました。ディスプレイは前モデルが10型 PixelSense Display(1,800×1,200ドット)に対して、Surface Go 2は10.5型 PixelSense Display(1,920×1,280ドット)。メモリは4GB・8GB、ストレージは64GB eMMC・128GB SSDを搭載しました。Surface Go 2の本体サイズは24.5cm ×17.5cm × 0.83cm で前モデルと同じです。重量は544 g (Wi-Fi)・553 g (LTE)で前モデルに対してそれぞれ約20g重くなってます。

リモートワークにも

内蔵マイクは前モデルでは1つだったのに対して、Surface Go 2ではデュアルアレイの「Studio Mic」になりました。Microsoftの「Teams」はもちろん最近人気のZOOMなどのビデオ会議ソフトでもバックグランドでノイズが抑える事が可能です。

また前面カメラは前モデルと同じ500万画素で、背面カメラ向けに新たにカメラアプリが追加されました。このカメラを利用する事で、会議資料を撮影しビデオ会議などへ手軽にシェアしたり、書類をスキャンする事も可能です。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事