テイクアウト可能なモバイルオーダー「L.B.B. Order 」が期間限定で無料提供へ

株式会社LBBは、新型コロナウイルス拡大の経済的影響に対する支援として、飲食店向けの感染リスクの少ないテイクアウトを提供できる注文システム(モバイルオーダー)を無料提供をリリースしました。

L.B.B. Orderとは

ユーザーが来店する前に、テイクアウトメニューをスマホから注文・決済までを済ませることが出来るようになります。調理が完了するタイミングでご来店いただき、注文番号の提示と商品を受け取るだけで済むため、人的接触を最小限に抑えられます。また、通常は日本語・英語・簡体字・繁体字・韓国語の5言語に対応、イートインなどにも対応していますが、日本語・テイクアウトに限定です。お客様は事前に注文しておいて、出来上がり時間にお店に取りに行くだけなので、レジや行列に並ばず、たった数タップで出来立ての商品を受け取ることが可能となります。

L.B.B. Register とは

注文商品や数量、L.B.B.Orderでの来店時間など、ユーザーの注文ステータスをリアルタイムで画面に表示することができるPOSシステムで、注文状況がひと目で確認でき、お店の状況に応じて、注文受付や商品ごとの対応時間のコントロール、在庫管理もカンタンに操作が可能です。言語は日・英・簡・繁・韓の5言語に対応しており、インバウンド観光客にも対応可能です。(※今回、無料となるのは日本語のみ)

無料提供サービス内容

L.B.B. Order 限定基本パッケージ

  • – 店舗テイクアウトメニュー10点までの登録
  • – キャッシュレス決済システム(オンラインクレジットカード決済、受け取り時対面QRコード決済)
  • – 注文は店舗のスマホまたはタブレットへ送信- 日本語のみ
  • – 緊急対策として事前決済申込の審査、最短1営業日
  • – 週締めでの入金対応可能

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事