TableCheck(テーブルチェック)が「テイクアウト」「デリバリー受付」「前売り食事券」の3つの新機能すべてを期間限定で無償提供

株式会社TableCheck(テーブルチェック)は、新型コロナウイルス感染症拡大により甚大な影響を受けている飲食店を支援するため、「テイクアウト」「デリバリ―受付」「応援プラン(前売り食事券)」の3つの新機能を、初期費用・月額費用・注文手数料すべてを2020年4月16日から期間限定で無料提供を開始した事をリリースしました。

「TableSolution」と「TableCheck」

テーブルチェック社は世界25ヵ国・地域に飲食店の予約・顧客管理システムの開発・提供を行い、「Dining Connected ~世界中のレストランとカスタマーの最良の架け橋になる~」をミッションに世界展開する日本発レストランテックカンパニーです。世界中の店舗と利用者を繋ぐプラットフォームを創造し、テクノロジーを活用した次世代の「おもてなし」を実現を目指してます。

ユーザー向け飲食店検索・予約ポータルサイト「TableCheck」、飲食店向け予約・顧客管理システム「TableSolution」でテイクアウトやデリバリーのサービスも取り入れてます。

3つの新機能とは?

テーブルチェックを導入する店舗は、24時間自動で予約受付可能な「テイクアウト」、全国から注文を受注できる「デリバリ―受付」、お店のファンに未来の食事券を販売できる「応援プラン(前売り食事券)」、これらすべての機能を2020年9月末まで無料で利用ができ、最短1営業日で開始できます。

無料対象となる店舗

現在、休業や短縮営業などにより一時的に予約受付を制限している飲食店が対象で、通常営業においても予約や事前注文を受け付けていないお店は対象外です。また通常営業時に予約を受け付けていれば、カフェやカラオケ店なども対象です。

飲食店向け予約顧客管理システムTableSolution

tablesolution.com/

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事