ハードウェア 決済

Garmin(ガーミン)スマートウォッチで5月下旬以降からSuicaが利用可能

ガーミンジャパン及びJR東日本が、Garminのスマートウォッチで5月下旬以降からSuicaが利用可能になると発表しました。

対応機種は10シリーズ!

今回発表になった対応機種は

・ Approach S62 シリーズ
・ fenix 6X シリーズ
・ fenix 6X Pro Dual Power シリーズ
・ fenix 6S シリーズ
・ fenix 6 シリーズ
・ Legacy シリーズ
・ Venu シリーズ
・ vivoactive 4/4S シリーズ
・ vivomove 3/3S シリーズ
・ vivomove Style/Luxe シリーズ

一気に10シリーズが対応しました。

特徴

今回の特徴としては
・1 台のデバイスに発行できる Suica は1枚。
・ デバイスは Android スマホもしくは iPhone とペアリングする事が可能。
(iPhoneにも対応している点と、どちらか1つという点)
・ デバイスとペアリングしている Android スマホもしくはiPhoneへSuica を移行する事は不可能。
(iPhoneのSuicaのイメージは無く単独利用)

簡単に登録・チャージが可能

専用のページから Google Pay のアカウントを作成。普段使っているクレジットカードを登録してください。
利用できるクレジットカードを登録した後は、チャージしたい金額をチャージするだけ。これであなたのウォッチに、いつでも使える Suica が備わります。

専用のページからその場で簡単に Suica へのチャージが可能です。スマートフォン※1でチャージするボタンをタッチ。あとは追加したい金額を入れるだけ。Garmin Pay Suica にカードは無いので、もう券売機でチャージする手間はいりません。※1Android スマートフォンの場合は Google Play からアプリが使用できます。パソコンからもチャージが可能です。

電車だけでなく、コンビニエンスストアやファストフード店など、あなたが Garmin Pay Suica で支払った履歴は、専用ページで確認できます。
キャッシュレス決済の時代。レシートいらずペーパーレスで、スマートな支出管理も。

-ハードウェア, 決済
-,

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.