アイティフォーの決済プラットフォーム「iRITSpay」が千葉銀行のキャッシュレス加盟店サービスで採用へ

株式会社アイティフォーは、千葉銀行が行っている「TSUBASAちばぎんキャッシュレス加盟店サービス」において、決済システム「iRITSpay (アイリッツペイ)」とマルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」が採用されたことをリリースしました。

「iRITSpay」とは?

キャッシュレスソリューション「iRITSpay(アイリッツペイ)」は、小売業・サービス業・運輸業・自治体などを対象とした加盟店向けサービスと、金融機関を中心としたキャッシュレス決済事業の導入を考えてる方向けサービスとなってます。アイティフォーはこのプラットフォームを提供する事で国内のキャッシュレス化の推進に貢献し”キャッシュレス・シティー”を目指してます。

マルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」とは

マルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」とは、接触・非接触対応のクレジット、デビット、プリペイドカードや電子マネーさらにQRコードと主要な決済手段に対応したマルチ決済を実現。

ICカードリーダー・非接触NFCカードリーダー、磁気カードリーダー、バーコード・QRコードスキャナー、レシートプリンター、タッチパネル、PINパッドとキャッシュレス決済に必要なすべてを1台に搭載。セキュリティは国際基準「PCI PTS」の対応。また決済クラウドセンターは「PCI DSS」に準拠と国際レベルでのセキュリティに対応。

千葉銀行が導入へ

千葉銀行は2019年10月から地域のキャッシュレス決済を総合的にサポートする「TSUBASAちばぎんキャッシュレス加盟店サービス」を開始しました。その加盟店サービスにアイティフォーを採用したのは長年に渡って金融機関向けに各ソリューションを提供、小売業向けにPOSシステムを開発・販売。それぞれのノウハウを高く評価し導入を決めました。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事