横浜市が税の納付にクレジットカード・LINE Pay・PayPay・PayBが4月から対応

横浜市は2020年4月1日から市税の新たな納付方法として、クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)とLINE Pay、PayPay、PayBでの納付が可能となります。 いずれの方法もネットを利用して時間や場所を問わず納付する事が可能なので市民利便性が向上します。

納付方法は2種類

スマホアプリを利用した納付方法

以下アプリがインストールされたスマホのカメラで納付書のバーコードを読み取り納付手続きを行います。事前にチャージした残高による決済を行うアプリと、事前に登録した銀行口座から即時引き落としによる決済を行うアプリに対応します。

対応アプリ:LINE(LINE Pay請求書支払い)、PayPay(PayPay請求書払い)、PayB

クレカを利用した納付方法

横浜市のwebサイト(オンライン納付専用サイト)にアクセスし、納付書に記載された必要事 項を入力し手続きを行います。 納税する金額のほかに別途、納税額に応じた決済手数料がかかります。

概要

利用開始日 令和2年4月1日(水)

納付可能な金額と税目

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事