ソフトウェア 施設 決済

NTTデータが東急ハンズと次世代2次元コード技術を活用した商品マッピングサービスの実証実験を期間限定で行う

2020年2月28日

株式会社NTTデータは、株式会社東急ハンズの協力のもと2019年2月28日から、スペインのNavilens社が提供する次世代2次元コード技術を活用した商品マッピングサービスの実証実験を行います。

次世代2次元コード

従来のバーコードとは違い1度に200以上のコードを高速で同時に認識できる次世代2次元コード技術の活用により、各商品の棚札と棚に貼り付けたコードを、従業員がモバイル端末のカメラで撮影するだけで商品マップが作成されます。これにより、利用者はアプリから簡単に商品位置を検索することが可能となり、利用者と従業員の利便性が大幅に高まります。

NTTデータは本実証実験の結果を踏まえ、2020年度に東急ハンズ実店舗にてサービスの導入を検討し、本サービスを2023年度末までに小売業界100店舗へ導入することを目指します。

実証実験概要

実店舗での「商品登録~商品マップの作成~商品検索」までの利便性向上・省力化を目指し、次世代2次元コード技術を活用した検証を実施します。省力化では、商品登録から商品マップの作成時間を計測し、実店舗での従業員作業に適用できるかを検証します。利便性向上では、スマートフォンから登録した商品を検索し、その商品マップが瞬時に確認できるかを検証します。店舗での購買体験や従業員体験がどのように変革できるかユースケースの仮説を作成し、東急ハンズと一体となって仮説検証し、実店舗への導入・拡大に向けた課題と対応方法を明らかにします。

場所東急ハンズの本社エントランスの一部エリア
対象本実証実験関係社員
期間2020年2月28日~2020年3月25日※終了日は予定。

-ソフトウェア, 施設, 決済
-, , , , ,

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.