ソフトウェア 施設 決済

世界初の需要予測AIを搭載した無人カフェロボット「root C」をNew Innovations難波駅/なんばスカイオにて期間限定で実証実験を開始

2019年7月30日

株式会社New Innovationsは、 南海電気鉄道株式会社の協力のもと 難波駅/なんばスカイオで、需給予測AIによって待ち時間を最短にし、一人一人に好みのコーヒーを提供する無人カフェロボット「root C(ルートシー)」の実証実験第1弾を、8月1日より開始します。

「コーヒーが自分にぴったりフィットする」

現在コーヒーを飲む人は、自分の好みの味、提供スピード、接客方に合わせてお気に入りのカフェ、缶コーヒー、コンビニコーヒーなどを選択しています。 New Innovations では新たな選択肢として「AIでお客様が求めるぴったりのコーヒーを提供する」無人カフェロボットを提案します。 「自分にあったコーヒーを探す」のではなく「コーヒーが自分にぴったりフィットする」を需要予測AIで実現するとの事です。

より人らしい生活をおくる未来のため

New Innovationsは、日本の”高品質”を支える多くの方々に寄り添います。人が関与しなくても成り立つ業務をロボットが支え、1人1人がより人間らしい生活に時間を充てることができる未来を作りたいと考えています。

AIやロボットが仕事を奪うのではなく、多くの働く人々が、より人らしい生活をおくる未来のために、プロダクトを開発します。

まずは、人材不足の問題を抱え、今まではオフラインにテクノロジーを反映するのが難しかった「飲食」「小売」業界にて、ロボットを提供しようと、需要予測AI搭載無人カフェロボット「√C(ルートシー)」を開発しました。 人の限界を需要予測AIと無人カフェロボットによって支え、消費行動の最適化を目指します。

人々がもっと働きやすく、人々の消費行動がもっと便利になるように。
株式会社New Innovations

実証実験概要

実施場所
なんばスカイオ1Fロビー前、南海難波駅2F南口改札前
期間
2019年8月1日〜2019年8月31日
営業時間
7:00〜19:00(変動の可能性あり)
概要
AIカフェロボットによるコーヒー提供
※8月1日の実験時間は10:00〜19:00となります。



-ソフトウェア, 施設, 決済
-, ,

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.