日本初となる北海道の路線バスで電子マネー「WAON」で支払いが可能に

イオン北海道・マックスバリュ北海道は、 は2018年5月11日(金) 道内の路線バスで電子マネー「WAON」による決済サービスの実証実験を開始すると発表しました。

均一運賃路線から

まず5月21日(月)から帯広市の十勝バス「西地区コミュニティ路線」、釧路市のくしろバス「たくぼく循環線」に導入されます。この2路線は均一運賃路線ですが、2018年秋からは両社の多区間運賃路線*にも拡大されます。また釧路市阿寒バスの多区間運賃制3路線にも導入される予定です。

WAON運賃決済の前例

イオン本社がある千葉市幕張地区を走る循環バスなどで前例はありましたがいずれも均一運賃制のバスだったので多区間運賃制路線へは2018年秋の導入が初です。

* 多区間運賃路線 とは、区間をまたぐごとに運賃が加算される方式です。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事