日本初のIoT電球を活用した見守りサービスをNTTコミュニケーションズがNTTレゾナント・青森県むつ市と提供

青森県むつ市・NTTコミュニケーションズ株式会社・NTTレゾナント株式会社は、IoT電球(通信SIMを内蔵したLED電球)を使って「高齢者を対象とした見守りサービス」を始めると発表しました。

goo of things でんきゅう

NTTコミュニケーションズとNTTレゾナントは、2020年2月12日~6月30日に、むつ市在住の一人暮らしの高齢者宅(25世帯)に「goo of things でんきゅう」を提供します。

この「goo of things でんきゅう」は、NTTレゾナントが提供するIoTサービス「goo of things」における、IoT電球を活用した高齢者見守り機能の一つです。トイレなど毎日利用する場所に設置したIoT電球経由で電球の点灯記録をクラウドへ送信し、データを蓄積・解析します。さらに、「goo of things」アプリにおいて、例えば「5時間連続で点灯している」など任意に指定できるタイミングで、アラート通知を家族や行政職員などのスマートフォンで受け取ります。NTT Comは、実証事業のマネジメントに加えて、取得したデータとむつ市の医療や福祉データとの連携に関するコンサルティングを実施します。

これによりむつ市は、高齢者の生活や健康状況を推察し、家族と連携して、適切なタイミングでの訪問や電話連絡などを実施でき、見守り活動の効率化を実現します。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事