KDDIと渋谷区観光協会と渋谷未来デザインが「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」始動!エンタメ×5G」で進化

一般財団法人渋谷区観光協会・渋谷未来デザイン・KDDIは2019.9/12に第5世代移動通信システム「5G」時代を見据え「渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートする」をテーマに、渋谷の魅力を発見・発信する「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」を始動します。

プレスリリースより

プロジェクト第一弾として、「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019」に合わせて、2019.9/12にARとVisual Positioning Service技術を活用しデジタル情報を持った「バーチャルな渋谷」を「現実の渋谷」に重ね合わせる「デジタルトランスフォーメーション」の実証実験を実施します。

専用アプリを搭載したスマホを渋谷の街にかざすと、飲食店情報などがARで表示され、さらに空中を浮遊するさまざまなオブジェクトが街を賑やかに彩り、デジタルでアップデートされた渋谷を楽しむことが可能です。

渋谷エンタメテック推進プロジェクト

<プロジェクトロゴ>

1. 概要

  • 5G時代を見据え、渋谷の街をエンターテインメントに特化したテクノロジーでより面白くするためのプロジェクト。音楽、アートなどのエンターテインメント領域を中心に、新たな渋谷の魅力を発見、発信していく。
  • VPS技術や3D Map技術、MR、VRといったXR技術などを活用し、「現実の渋谷」と「バーチャルな渋谷」を繋ぎ、街をさまざまな視点からアップデートする取り組みを継続的に実施。
    また、2020年1月以降にはプロジェクトにおいて5Gを活用していく。
  • 今後、渋谷で行われるさまざまなイベントで実証実験を行い、新たな文化とビジネスモデルの創出を行うほか、さまざまな企業・団体が参画できるプラットフォームの構築、クリエーターやアーティスト支援などをしていく。

2. 参加団体

KDDI株式会社
一般財団法人渋谷区観光協会
一般社団法人渋谷未来デザイン

3. 発足日

2019年9月12日

<プロジェクトキービジュアル>
プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事