世界に魅せる日本の技術と新しいエンタメ!近未来を現実にした『CYBER WHEEL X』2020年に向けてRDSとワントゥーテンのプロジェクトが始動

RDSは、ワントゥーテンと共同で、VRレーサー『CYBER WHEEL X(サイバーウィル エックス)』を開発しました。2020年に向けてCYBER WHEEL Xを活用し、様々な企業と技術・エンターテインメントを掛け合わせたプロジェクトを加速していきます。

プレスリリースより

エンターテイメントから生まれるパラスポーツの可能性

「CYBER WHEEL」はVRレーサーで、普段触れる機会のない車いすマラソンやレースを、競技を知らない人でも身近に体験できるエンターテイメントです。

2017年にワントゥーテンが「CYBER SPORTS」の第一弾として開発し、1万人以上の方が体験しました。

そのCYBER WHEELのエンターテイメント性をより追求し、RDSとワントゥーテンの新たなテクノロジーで進化したのが『CYBER WHEEL X』です。

『CYBER WHEEL X』

西暦2100年の東京の街をイメージしたコースや通信対戦・データ対戦が可能になった他、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)協力のもと、ハンドリム(駆動輪の外側についている持ち手)ウエイトの技術を導入。これによってレース中、上り坂では負荷がかかり、下り坂では加速し、より実践に近い車いすレースを体験することができます。

また、新たにパラスポーツ選手のメニューとして、トレーニングモードを用意。世界記録やトップレーサーとのデータ対戦、ハンドリムの回転数の確認や負荷の調整が可能になり、ゲームとしてだけでなく、車いすアスリートのトレーニングとしても利用できます。2020に向けて挑戦を続ける車いす陸上 伊藤智也選手の車いすレーサーをモデルにデザインされた筐体はより強固に進化し、様々な色に変化するLEDが映像内のアクションと連動し、多様な発光をします。

■想いを持つ人・企業とつくるプロジェクト
『CYBER WHEEL X』について、すでに多くの企業にご賛同いただき、導入・協業を進めています。2020年という機会を契機に、想いを持つ人々・企業と繋がりを広げながら、みんなでつくるプロジェクトを目指していきたいと思います。

■備考
・7歳以下の方は、VRの装着ではなく、モニターを見ながらのトライアルをお願いしています。
・8月28日(水)より、東京ソラマチ® イーストヤード5F「PLAY5G 明日をあそべ」にてご体験頂けます。

■アップデートされた主な特徴:
・通信対戦、データ対戦

二台を使った遠隔でのリアルタイム通信対戦やデータ対戦が可能
ランキングも表示

・身体フィードバック

コースの起伏に応じてハンドリムに負荷がかかり体験性を強化
カーブやアップダウンにも対応

・都市をスキャン

東京のストリートをレーザー計測することで3Dの都市空間に没入

・車いすレーサーのためのトレーニングモード

実践に近いレースを再現、トップレーサーとのデータ対戦や実際のルールにも対応
時速の変化や軌道を可視化
車輪の幅や負荷の調整など、カスタマイズが可能

・筐体の進化

車いす陸上の伊藤智也選手と共に開発した最新レーサー、 RDS WF01TRのデザインが基になった本格レース仕様の筐体

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事