東京の未来や明治時代の風景を感じる双眼鏡「Tokyo Future Travel Scope」東京都庁でVR体験

東京都は、2018年が江戸から東京への改称「東京府開設」から150年の節目であったことを記念し「Old meets New 東京150年」事業を展開し、その一つとして昨年7月に期間限定で、明治時代の東京の風景をVR体験できる双眼鏡を都庁舎内に設置し好評でした。

今年は東京の魅力を発信する取組として、明治時代の東京の風景に加え「東京の未来」を感じられる映像をVR体験できる双眼鏡「Tokyo Future Travel Scope」を都庁舎内に設置しました。

概要

名称

「Tokyo Future Travel Scope」
(トウキョウフューチャートラベルスコープ)

場所

東京都庁南展望室(都庁第一本庁舎南塔45階)

稼働開始日時

令和元年8月7日(水)9:30~
※利用時間は9:30から23:00まで(南展望室の入室締切は22:30)

内容

明治時代の東京の風景と未来の東京をイメージした映像などをVR体験できる双眼鏡を2台設置
※現在の東京の風景を楽しむ双眼鏡としても利用可能

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事