交通

秋田県道の駅「かみこあに」で全国初自動運転サービス開始を国交省が発表

2019年11月22日

国土交通省は、高齢化が進行する中山間地域における生活の足の確保等のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの実証実験を平成29年度より全国18箇所で実施し、技術面やビジネスモデル等に関する実験結果を踏まえ、本サービスで全国初となる本格導入へ、11月30日(土)より秋田県の道の駅 「かみこあに」 で開始すると発表しました。

サービス概要

1) 開始日:令和元年11月30日(土)~

2) ルート:道の駅「かみこあに」を拠点に各集落を結ぶルート全長約4km

3) 運賃:200円/回 ※運送サービスについては着手時期調整中

4) 運営主体:NPO法人 上小阿仁村移送サービス協会

5) 使用車両:ヤマハ発動機製
       定員7人 走行速度 12㎞/h 導入台数1台

道の駅等を拠点とした自動運転サービスの実証実験の実施箇所

国交省プレスリリースより

-交通
-,

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.