ソフトバンクとMONETと千葉市が次世代モビリティ・スマートシティ・スマート公共サービスなどで協定締結

ソフトバンクとMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)は、千葉市と、千葉市をフィールドとする近未来技術の実装に向けた包括連携協定を、2019.8/22に締結した事を発表しました。

プレスリリースより

包括連携協定の概要

1. 趣旨・目的

千葉市は、2016年に国家戦略特区の指定を受け、ドローンや自動運転などの近未来技術を取り入れたまちづくりを推進し、ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、ICTを活用して社会課題の解決に取り組むことで、人々が豊かに暮らすことができる社会の実現を目指しています。また、MONETは「モビリティサービスを通じて人々の暮らしをもっと豊かに」という企業理念の下、自動運転社会を見据えて最新技術を活用したMaaS事業を展開しています。

このたびソフトバンクとMONETと千葉市の3者は、互いの資源や技術を生かし、千葉市をフィールドとして近未来技術の実装を推進することで、社会課題の解決や地域の活性化、市民生活の向上を図ることを目指して、包括連携協定を締結しました。

2. 連携事項

  • 次世代モビリティサービスの推進に関すること
  • 先端技術の活用によるスマートシティ化に関すること
  • ICTを活用したスマート公共サービスに関すること
  • 先進的な教育の振興に関すること
  • 前各号に掲げるものの他、3者が合意する事項に関すること

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事