電通が東京海洋大学などと都内で「自動運転型水陸連携マルチモーダルMaaS」の実証実験

電通は、国立大学法人東京海洋大学などと共同で、ラストワンマイル移動を含む陸上移動手段と水上交通手段を組み合わせた「自動運転型水陸連携マルチモーダルMaaS」を見据えた実証実験を2019年9月初旬に東京都内で行うと発表しました。

オフィシャルサイトより

本実証実験は、「自動移動・MaaSによる移動中の体験価値の向上」をテーマに、海洋大が開発する自動運航船、陸上の配車サービスおよび電通の各種ソリューション※4を活用して行います。陸海空で自動運転技術の連携が進む未来の社会を見据え、移動時間全体を楽しく快適に、かつ有効に活用するなど、移動中の体験価値を高めるための方法や課題を検討することで、水陸連携マルチモーダルの可能性を探り、今後の国内外でのサービス開発に役立てていきます。

電通は、今回および昨年度実施した実証実験等の成果を踏まえ、関係者と協力しながら各種ソリューションを効果的に連携させるパッケージ開発を行い、国内外に広げていきます。今後も、年内に西日本等でも試行を行い、日常の移動や観光手段の一端を担う水上交通を連携させたMaaS化の促進や、それに伴う移動時の情報流通を通して、より快適で楽しい移動体験を創出するソリューションの開発を進めていく予定です。

概要

近い将来実現が期待される陸海空が連携するマルチモーダルによるMaaSを想定した技術展示を実証実験として行い、その結果について討論会を通じて総括・公開することで社会の関心を喚起。2020年代以降に本格活用が予想されるマルチモーダル等によるMaaSや自動運転技術の普及促進を図り、水陸連携をはじめとする国内外の交通課題の解決に貢献する。

日時:2019.9/4(水)、5(木)
場所:東京都港区海岸周辺
方法:以下を組み合わせた水陸マルチモーダルMaaSモデルを試行・検証。
・水上交通(船舶):「自動運航船らいちょうⅠ」(海洋大提供)
・陸上交通:「配車プラットフォーム」(MONET Technologies提供)
・水上交通管理:「船着場利用管理システムTriangle Connect」(電通提供)
*実証実験への参加は、現行法規等に則り関係者限りとなります。

<総括討論会>
日時:2019年9月5日(木)15時~16時30分
場所:東京都内
内容:講演
・海洋大 教授 清水 悦郎氏「自動運転技術による水陸マルチモーダルの可能性について~実証結果を踏まえた今後の展望~」(仮)
・国土交通省 海事局(調整中)
質疑応答
参加:自由参加、参加費無料
*総括討論会への参加方法等の詳細につきましては、8月20日に、東京舟旅(https://www.suitown.jp/)に掲載。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事