タクシー配車「DiDi」が国内4番目となる兵庫でもサービス開始

DiDiがは2019年5月29日に国内4番(地域)目となる「兵庫エリア」でも利用できると発表がありました。

5.5億人が利用する世界最大級の交通プラットフォームである「DiDi」は、北京やメルボルンなど、現在1,000都市以上で提供されています。

日本では、2018年9月に大阪エリアでサービスの提供を開始し、2019年4月に京都および東京エリアに展開、兵庫エリアは国内4地域目となります。今回のエリア展開により、「DiDi」の近畿地方における人口カバー率は約60%になりました。

今回、DiDiモビリティジャパンが神戸相互タクシー株式会社や、第一交通産業グループの神戸第一交通株式会社などと提携することで、新たに神戸市、明石市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、川西市、川辺郡、伊丹空港において、「DiDi」でタクシーの配車を依頼できるようになります。国内のタクシー利用者の利便性を向上すると同時に、訪日外国人には、普段利用している「DiDi」アプリでの移動体験を提供し、乗車した際の言語や決済時の課題解決に貢献します。

プレスリリースより

サマーキャンペーン開始

兵庫エリアでのサービス提供開始に伴って6月7日から関西エリアにて「サマーキャンペーン」を開始しするそうです。

兵庫エリアでキャンペーン期間中の金曜日および土曜日に、「DiDi」アプリを利用してタクシーに乗車すると、初乗り料金相当(680円)を割り引きます。また同期間中に京都エリアでは土曜日および日曜日、大阪エリアでは土曜日に、各エリアの初乗り料金相当を割り引きます。

キャンペーン期間

6月7日(金)~終了日未定

クーポン利用条件

  • 割引上限:1日2回まで
  • 「DiDi」アプリ内でクレジットカード情報を登録し、注文時に登録したクレジットカードを選択する必要あります。
  • 他のクーポンとの併用はできません。
  • 今後のサマーキャンペーンにつきましては、詳細が決まり次第発表いたします。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事