トヨタのサブスクで車に乗れる「KINTO(キント)」割安プラン導入へ

トヨタが定額制で車に乗れるサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」に、中古車を利用した割安プランを来年導入との報道がありました。

オフィシャルサイトより

KINTOとは?

KINTOは2019年1月に設立された会社で、株主構成はトヨタファイナンシャルサービス66.6%、住友三井オートサービス33.4%となっております。

また会社名の「KINTO」は「筋斗雲」が由来で、 より気軽に簡単にクルマを利用できる新たな仕組み=愛車サブスクリプションサービスです。

現在のサービス

「KINTO ONE」
プリウス、カローラ スポーツ、アルファード、ヴェルファイア、クラウンを利用できる「KINTO ONE」と、

「KINTO SELECT」
レクサス ES300h、IS300h、RC300h、UX250h、RX450h、NX300h契約期間は

契約期間は共に36か月で、KINTO ONEは同じクルマを乗り続け、KINTO SELECTは6車種のレクサスを6か月ごとに乗っていく。(レクサスは半年ごとに新車に乗る。)

また価格は、「KINTO ONE」のプリウスが月額4万9788円から、「KINTO SELECT」は月額19万4400円。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事