交通

SBドライブ/多摩ニュータウンで自動運転バスサービス実証を実施

神奈川中央交通株式会社とソフトバンク子会社のSBドライブ、2019年2月13日(水)から22日(金)まで、東京都多摩市において自動運転バスの実証実験を実施すると発表しました。

この実証実験は、多摩ニュータウン内において交通結節点から起伏に富んだ団地内を経由し商業施設を結ぶ経路で自動運転バスを運行し、自動運転の受容性や地域内移動手段の可能性に関する調査を行います。

またAI技術を活用した車内の安全対策や車内設置のディスプレイによる情報発信についても検証を行います。

<実証実験概要>

実施期間2019年2月13日(水)~22日(金)
[注]※土日は実証実験を実施いたしません。※2月25日(月)、26日(火)に関係者向け試乗会を実施します。※天候やその他道路状況等により、安全確保が困難な場合、実証実験を中止する場合があります(神奈川中央交通、SBドライブのHP等に掲載)。
運行時間帯9:30~16:30(30分に1便程度運行予定)
運行ルート豊ヶ丘四丁目バス停⇒スーパーSantoku貝取店(約1.4km)
[注]※ルート上に2箇所のバス停を設置します。※実験参加者はスーパーSantokuから、手動運転で同じルートを走るバスでお帰りいただけます。
運行車両日野自動車製小型バス「ポンチョ」をベースとした自動運転実験車両
料金無料
乗車方法事前の乗車予約は必要ありません(先着順:各便定員8名)。
ご注意混雑時等は整理券を配布させていただく場合がございます。途中バス停では、満席によりご乗車いただけない場合がございます。厳しい冷え込みも予想されます。防寒対策を十分に行っていただくようお願いいたします。
主催神奈川中央交通株式会社、SBドライブ株式会社
協力株式会社三德

-交通

Copyright© fvp.news , 2022 All Rights Reserved.