大分トリニータが地域イノベーションパートナー 「アジアクエスト」と IoTスタジアム計画

サッカークラブの大分トリニータが地域イノベーションパートナーであるアジアクエストとのIoTスタジアム計画の第二弾としてAIカメラをつかった実証実験を発表しました。

公式サイトより

AIカメラで並ぶ人数を把握し混雑状況表示

今回の実証実験は、AIカメラを使用し人を検知し売店に並ぶ人数を数えて、メインスタンド側の売店の混雑具合を表示します。

対象の試合は2019.8/17(土) 19:00より行われる「大分トリニータ VS 鹿島アントラーズ」の試合です。

来場者は会場に設置されたモニター、または公式大分トリニータ公式Twitterで告知される専用URLより、自身のスマートフォンで売店の混雑状況を確認できます。

売店の混雑状況を可視化することで、来場者が向かう売店を効率よく選んだり、売店がより空いた時間に買いに行くことが可能となります。また、集計したデータを分析し、次回の試合での売店の配置に役立てる予定です。

試合詳細

日程:2019年8月17日(土) 19:00~
会場:昭和電工ドーム大分
対戦カード:大分トリニータ VS 鹿島アントラーズ
対象売店:メインスタンド側
大分トリニータ公式Twitter:https://twitter.com/trinitaofficial

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事