TIS「八重山諸島でのMaaS実証実験」が推進事業に選定 /離島船舶,バス,タクシーのシームレスな交通利用サービス実現を目指す

TIS株式会社が沖縄県八重山諸島で11月から実施予定の地域観光型MaaSの実証実験が国土交通省の「新モビリティサービス推進事業」に選定された事を発表しました。

八重山MaaSとは

プレスリリースより

離島船舶,バス,タクシーの乗車券を電子チケット化して、対象の交通機関を一定期間乗り放題とするなど公共交通手段のシームレスな利用を目指します。

またMaaSに不可欠な乗降・利用などの各データの収集・分析・活用による、消費者、交通事業者、商業・観光事業者それぞれにメリットのある施策を実施。

実証実験概要

この実証実験では、沖縄セルラーアグリ&マルシェが環境整備を、JTB沖縄が交通・商業連携の旅行商品の提供とMaaS加盟事業者の開拓を、琉球銀行がキャッシュレス決済の実現とMaaS加盟事業者の開拓を、八重山ビジターズビューローが観光施設連携の強化を、TISがMaaSプラットフォームの提供と全体取りまとめを担当。

期間2019年11月~2020年2月
対象離島船舶,バス,タクシー
概要離島船舶,バス,タクシーのそれぞれの乗車券を電子チケット化して対象の交通機関を一定期間乗り放題としスマホの電子チケット表示で加盟事業者の利用環境での処理を行い公共交通手段のシームレスな利用を実現。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事