三井不動産が柏の葉エリア広域にIoTセンサーを設置し気温や湿度を観測し熱中症対策や見守りなど住民サービス創出

三井不動産と、三井共同建設コンサルタント、センスウェイ、柏の葉アーバンデザインセンターは、地域でIoT普及・活用を目指す「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」の環境ワーキンググループのプロジェクトとして、柏の葉エリアの約4㎢範囲に気温・湿度を観測することができるLPWA(低消費電力・長距離通信)規格に対応したIoTセンサーを2019年8月7日までに28箇所設置を完了し、IoTセンサーによって集計した気温・湿度データを蓄積・分析することで、熱中症対策や見守りなどの住民サービスの創出に繋げます。

柏の葉エリアでは、世界の課題解決型街づくりのモデル構築を目的に「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」の3つのテーマのもと、柏市や三井不動産が中心となり公民学連携でスマートシティ構想を推進してます。

2018年6月には「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」を設立し、柏の葉エリアに構築されたIoT実証フィールド環境を活用して、IoT技術の普及や活用、IoTビジネスの機会創出を目指してさまざまな実証実験などに取り組んできました。

今回は、IoTセンサーをエリア内約500m間隔に24箇所設置する他、学校、病院、商業施設などの重点施設に4箇所、合計28箇所に設置し、気温・湿度の計測把握を行います。

計測したデータをもとに、街の緑化箇所の増設や噴水・水景施設の活用など、効率的なヒートアイランド対策を街づくりの観点から検討していきます。また、各拠点の温度・湿度データは、子供の屋外活動や登下校時に、水分補給のアナウンス等、リアルタイムの通知を行うなどのデータ活用方法も検討するとの事です。

プレスリリースより

柏の葉スマートシティコンソーシアム

本年より三井不動産、柏市などが中心となって「柏の葉スマートシティコンソーシアム」を組成しており、「AI/IoT等の新技術や官民データをまちづくりにとりいれたスマートシティ」を推進する国土交通省のスマートシティモデル事業へ選定されています。「柏の葉スマートシティコンソーシアム」では、民間データ・公共データが連携したデータプラットフォームを構築し、AI/IoTなどの新技術の導入により、データ駆動型の「駅を中心とするスマート・コンパクトシティ」の形成を目指してます。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事