メルペイ/総務省が推進する「JPQR」に参画 。岩手、長野、和歌山、福岡の4県にて8月1日より開始

メルペイは2019.8/1より総務省が岩手、長野、和歌山、福岡の4県にて推進する「統一QR『JPQR』普及事業」に、決済事業者として参画し、同日より4県にある「統一QR『JPQR』加盟店」にてバーコード・QRコードを利用した「メルペイ」での決済が順次可能になると発表しました。

背景と目的

政府では、「未来投資戦略2018(平成30年6月15日閣議決定)」において、現金処理コストの削減による事業者の生産性向上、消費者の支払いの利便性の向上等を実現する観点から、キャッシュレス化の推進を掲げています。特にモバイル端末を用いたバーコードやQRコードを用いた決済手法(以下、コード決済)は、各社において新規にサービス提供が開始されるなど、今後の普及に向けた期待が高まっています。

その一方で、仕様の異なる様々なコード決済サービスが登場し、決済事業者ごとに異なるコード決済の技術仕様や業務プロセスに対応する必要があり、コード決済の導入に伴う負担が大きくなっています。コード決済におけるこういった課題を解決するために、一般社団法人キャッシュレス推進協議会(会長:鵜浦博夫)において、統一QRコード・バーコード(JPQR)の仕様が本年3月29日に策定されました。8月1日より開始する本事業では、コード決済の小規模店舗を含めた広範な普及を図るために、面的に導入し、地域における加盟店開拓業務プロセス等の検証と、低廉な手数料率でのサービス提供等によるキャッシュレス化の進展の検証を4つの地域(岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の県全域)にて行います。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事