日本郵船が外国人船員を対象を対象とした「MarCoPay」を設立し世界展開へ

日本郵船は中期経営計画で掲げるデジタライゼーション推進の一環として、電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」の事業会社をフィリピンのTDGと共同で設立しました。

MarCoPayとは

Maritime Community”に由来し、主に外国人船員を対象としたスマホのアプリでQRコードを使って電子決済・国際送金・再現金化ができる電子通貨プラットフォームです。

船上での給与支給や生活用品の購入をキャッシュレス化し、更に航海中であっても自国への送金が可能となり、アプリ利用者が世界中のATMで現金として引き出す事が可能との事です。

船員の生活を支えるプラットフォームへ

外国人船員は一般的に自国での平均水準を上回る給与所得を得ながらも、金融インフラが未だ発展段階であること、また乗船毎の期間契約となる船員特有の事情から、その経済価値が社会に正しく認知されていないケースがあります。新たな電子通貨プラットフォームは、船員が銀行からの融資や保険への加入の際によりよい評価を得られる環境を目指します。

今後は自社以外の船主や管理会社にも展開し、継続的に機能拡張を進め、さまざまな小売店やサービスと提携することで「MarCoPay」が利用できるネットワークを広げていきます。そして、世界中の船員とその家族の生活を支えるグローバルなプラットフォームへと進化させます。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事