クレカ利用で暗号通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」と三菱UFJニコスが実証実験を開始

美味しい食事で暗号通貨がもらえる、トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」は三菱UFJニコスとクレジットカード利用明細データに基づき利用金額の一部を暗号通貨で還元する実証実験を7月25日に開始しました。

還元スキームについて

シンクロライフは2019年7月より「食べるだけで暗号通貨が貯まる」サービスの提供を開始し、シンクロライフユーザーは、シンクロライフ加盟店で飲食することで会計金額の1-5%(店舗設定・キャンペーン時は最大20%)相当の暗号通貨「シンクロコイン・SYC」を受け取ることができます。

暗号通貨は、食事代金支払時に店舗から提供されるQRコードを読み取ることで自動的にシンクロライフアプリのウォレットに還元される仕組みで、現在は食事代金の支払いとQRコードの読み取りオペレーションが別で発生しています。

今回の実証実験は

暗号通貨付与までの流れをシンプルにし、ユーザーと飲食店双方の利便性を向上させるものです。ユーザーが飲食代金をクレカ決済すると、利用明細データに基づき利用金額の一部を暗号通貨「シンクロコイン・SYC」として還元します。

これにより、双方ともQRコードの読み取りをおこなう手間を省くことができます。三菱UFJニコスとの連携により、これまで別々に行っていた飲食代金の支払いと、来店・支払い金額の承認が同時にできるようになるものです。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事