住友商事とbitFlyer「物件の内見予約から契約まで行えるプラットフォーム」の共同開発へ

住友商事とbitFlyer Blockchainは、スマートコントラクト機能を備えたブロックチェーン「miyabi」を活用し、物件の内見予約から契約までを一貫して行えるプラットフォームの共同開発を発表しました。

オフィシャルサイトより

現在、

住宅の賃貸契約は、貸主・管理会社・仲介会社・借主との対面コミ ュニケーション・FAX・郵送による契約プロセスなど多大な労力を要しています。 日本は労働人口の減少・働き方改革といった状況を踏まえ、不動産業界でも業務効率化が課題となっており、革新的なテクノロジーを活用した業務効率化の実現に期待が高まっています。

そこで、

住友商事とbitFlyer Blockchainは、賃貸契約に関連する業務の一部をブロックチェー ンプラットフォーム上で行う事により「安心・安全」を担保しながら、契約期間の短縮や事務作業の効率化を目指します。

また契約書を電子化することで、借主を含む契約当事者が、物件申込から契約締結迄の状況をタイムリーに確認でき、契約書の製本・郵送・調印など従来必須としていた作業をカットする事により時間とコストを圧縮。

2019 年後半にプロト タイプの開発・検証を完了させ、一般利用者へのサービス提供へ移行する予定。

将来的には、

ブロックチェーン以外の技術も取り入れ、借主がスマホ1つで「物件検索・内見予約・契約・入居・各種費用支払い・契約更新・退去手続」迄ワンストップで 完結できる仕組みを目指します。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事