レストラン特化スマホ決済『TableCheck Pay』新機能実装。スマホ不要の自動精算「オートペイ」Web上で領収証発行「クラウドレシート」

飲食店とユーザーの「最高のレストラン体験を実現する」TableCheckは、レストラン特化型スマホ決済サービス『TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)』で、会計時のスマホ操作を不要にする「オートペイ」機能と、会計後に来店客がWeb上で領収証を発行できる「クラウドレシート」機能を提供開始すると発表がありました。尚、「オートペイ」は本日5月22日より、「クラウドレシート」は5月30日より開始です。

プレスリリースより

TableCheck Pay とは?

『TableCheck Pay』とは、レストラン特化型のスマホ決済サービスです。クラウド型レストランマネジメントシステム「TableSolution」を導入する飲食店であれば、初期費用や月額費用0円で利用可能です。飲食店がスマホ決済を導入すると、会計にかかる時間や作業負担を軽減したり、会計で来店客を長時間待たせることがないため満足度向上にも繋がります。

来店客は、飲食店予約サービス「TableCheck」で予約時にクレジットカード情報の登録を行うと、「QRコード決済」や「メール決済」といったスマホ決済に加え、「オートペイ」利用によるスマホ操作不要のキャッシュレス決済が可能になります。

テーブルチェックは、接待や会食、記念日など様々な利用目的がある飲食店・レストランにおいて、予約から会計までをスマホ一つで完結できるレストラン会計の新たなスタンダードを提案することで、今後も飲食店とユーザーの利便性向上と業界のさらなる発展に貢献してまいります。

プレスリリースより

※利用開始には加盟店審査が必要です。また別途、決済手数料3.19%と取引処理料5円/1取引が発生します。詳しくはお問合せください。
※初回利用時は予約時、または会計時のクレジットカード登録が必要です。また、いずれの場合にも「TableCheckマイアカウント」の発行が必須となります。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事